稽留流産・化学流産後の妊娠体験談

流産後の妊娠出産体験談

妊娠中

吐き気が!妊娠中期におすすめの食べ物

更新日:

いよいよ中盤の妊娠中期、安定期とも呼ばれ、妊娠生活に慣れたママの心と体にも少し余裕を感じるでしょう。
その時期におすすめの食べ物は、どのようなものでしょうか?

妊娠中期の母体と赤ちゃんの様子

妊娠5〜7ヶ月(16〜27週)が妊娠中期にあたります。

【母体】

妊娠中期は、お腹が前へとせり出して、マタニティ用の洋服に変える時期でもあります。
つわりが落ち着いたり、流産の危険性も弱まるので、精神的にも落ち着く頃です。

そして、20週頃になると、赤ちゃんが体を動かす「胎動」を感じ始めるでしょう。

【赤ちゃん】

妊娠中期になると、超音波検査で性別が分かるように。

目を開閉できるようになり、聴覚も発達して、外の音が聞こえます。

なぜ妊娠中期に吐き気が起こるの?

妊娠中期でも、引き続きつわりが続いている人は、つわりによって、吐き気や胸焼けを感じます。
また、つわりがひと段落して急に食欲が湧く場合は、食べ物を美味しく感じて、ついつい食べ過ぎてしまいがち。

ホルモンの影響で胃腸の動きが鈍くなったり、日増しに大きくなった子宮が胃腸などの内臓を圧迫するため、人によっては吐き気をもよおしたり、便秘に悩む可能性があります。

妊娠中期におすすめの食べ物

胃に負担をかける脂っこい食べ物や刺激の強いものは避け、消化の良い食べ物を選びましょう。
そして、消化を促すためにも、よく噛むことが大切です。

そんな妊娠中期におすすめの食べ物は、「玄米」です。

この頃になると、心臓の動きが活発になり、妊娠前の4割増でママの心臓は動きます。
そのため、食べ物の中でもエネルギーに変わる「炭水化物」が更に必要になるのです。

玄米は白米より固めなので、自然と噛む回数が増え、吐き気や胸焼けの解消に繋がります。

加えて、白米より食物繊維が豊富な玄米は、便秘対策にもぴったり!
玄米だけで食べにくい場合は、白米と混ぜて炊くのがおすすめです。

流産後、妊娠率をあげるコツとは?

流産後、妊娠率を上げるには、卵子の若返り・精子の運動率をあげる葉酸性ホルモンを正常化するビタミンEが豊富に入った葉酸サプリがおすすめです。 また、添加物の入っていない・安心安全な製品を選びましょう。

ドラッグストアの安価なサプリは品質が悪く含有量が少なく、表示をごまかしてカサ増ししています。 有名メーカーだからといって安心できないのです。

実際に、サプリを推奨する医師達も「サプリだけは高くても高品質なものを選ぶべき」と話しています。

美的ヌーボプレミアム

完全無添加で合成物がない、最高品質の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回分ずつ密封包装されているので持ち運びに便利で、DHA/EPAが160μgと高濃度に配合しています。

少々値段は張りますが、最も高品質なため、賢い赤ちゃんが欲しい方、流産・発達障害を予防したい方にはこちらが最適です。

ベルタ葉酸サプリ

妊活中の夫婦向けに開発されたサプリです。
妊活・妊娠中に必要なすべての栄養が含まれ、吸収しやすい酵母葉酸が使われています。

錠剤が小さいので飲みやすく、美的ヌーボプレミアムよりも値段が安くリーズナブルなことも人気の理由です。

妊娠中・妊活中に安くて質が高いサプリを探している方は、ベルタを選べば間違いありません。

-妊娠中
-, , , ,

Copyright© 流産後の妊娠出産体験談 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.