稽留流産・化学流産後の妊娠体験談

流産後の妊娠出産体験談

不妊症

PCO(多嚢胞性卵巣症候群)の治療と妊娠率は?  

更新日:

近年患者数が増加傾向にある、多嚢胞性卵巣症候群、PCOとも呼ばれるこの疾患は、卵胞はできるものの、発育が悪くかったり遅かったりして、排卵されず、卵巣内にたくさんの卵胞が溜まっていってしまうという疾患です。

多嚢胞性卵巣症候群は、不妊の大きな原因である場合が多く、毎月の排卵がない無排卵という症状の中でも、とくに多嚢胞性卵巣症候群の患者数がとびぬけて多くいるなど、最近目立ってきている疾患の一つです。

PCOになってしまったときの症状はどのようなものか

多嚢胞性卵巣症候群、いわゆるPCOになった場合にあらわれる症状としては、排卵障害であるため、無月経というケースが最も多いといえるでしょう。

無月経だけでなく、月経不順や排卵がないにもかかわらず経血は出る無排卵月経という場合もあります。

また、男性ホルモンが多くなるため、多毛、ニキビ、声が低くなるなどの男性的特徴があらわれるということもあります。

さらに、多嚢胞性卵巣症候群では、肥満になる事が多く、その他にも不正出血や月経過多なども表れる場合があります。

多嚢胞性卵巣症候群の原因や治療法は?

現在、多嚢胞性卵巣症候群になる原因ははっきりしたものが確立しておらず、これといった原因が特定されているわけではありません。

しかし、原因の一つとして、糖代謝異常や内分泌異常が多嚢胞性卵巣症候群に関わっているということはわかっています。

はっきりとした原因が突き止められていないため、多嚢胞性卵巣症候群の治療は、対処療法に留まる場合がほとんどです。

多嚢胞性卵巣症候群による不妊を治療するためには、排卵誘発剤を服用したり投与したりして、排卵をコントロールするという治療方法が最も一般的だといえるでしょう。

また、多嚢胞性卵巣症候群では、月経自体がきちんと来ないという人も多いため、治療としてピルなどを用いて、まずは月経をしっかりとくるようにした後で、本格的に多嚢胞性卵巣症候群の治療に入るという場合もあります。

排卵をしっかりとコントロールできるようになれば、妊娠率も向上して妊娠することも可能ですから、しっかりと治療をするということが多嚢胞性卵巣症候群を改善する一番の特効薬という事も言えるでしょう。

しかし、多嚢胞性卵巣症候群の排卵障害は、早くに発見する早期発見が大切です。

多嚢胞性卵巣症候群は放置すると、治療に長い時間がかかってしまうという場合もあります。

流産後、妊娠率をあげるコツとは?

流産後、妊娠率を上げるには、卵子の若返り・精子の運動率をあげる葉酸性ホルモンを正常化するビタミンEが豊富に入った葉酸サプリがおすすめです。 また、添加物の入っていない・安心安全な製品を選びましょう。

ドラッグストアの安価なサプリは品質が悪く含有量が少なく、表示をごまかしてカサ増ししています。 有名メーカーだからといって安心できないのです。

実際に、サプリを推奨する医師達も「サプリだけは高くても高品質なものを選ぶべき」と話しています。

美的ヌーボプレミアム

完全無添加で合成物がない、最高品質の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回分ずつ密封包装されているので持ち運びに便利で、DHA/EPAが160μgと高濃度に配合しています。

少々値段は張りますが、最も高品質なため、賢い赤ちゃんが欲しい方、流産・発達障害を予防したい方にはこちらが最適です。

ベルタ葉酸サプリ

妊活中の夫婦向けに開発されたサプリです。
妊活・妊娠中に必要なすべての栄養が含まれ、吸収しやすい酵母葉酸が使われています。

錠剤が小さいので飲みやすく、美的ヌーボプレミアムよりも値段が安くリーズナブルなことも人気の理由です。

妊娠中・妊活中に安くて質が高いサプリを探している方は、ベルタを選べば間違いありません。

-不妊症
-,

Copyright© 流産後の妊娠出産体験談 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.