稽留流産・化学流産後の妊娠体験談

流産後の妊娠出産体験談

不妊治療

フェマーラの不妊治療での副作用まとめ

更新日:

昨今、不妊治療はごく一般的なこととなり、多くの人がさまざまな方法の不妊治療を実践して子供を授かっています。

不妊治療には薬を服用するという場合も多く、その副作用に悩むという場合も多くあります。

今回は、不妊治療に効果的で、一般的に広く使われている排卵誘発剤、フェマーラを使った際におこる副作用についてまとめました。

フェマーラとはどのような薬?

フェマーラは、開発当初はもともと乳がんの治療薬として開発された薬で、女性ホルモンの一つ、エストロゲンを抑制する効果があります。

乳がんの増殖には、エストロゲンが大きく関わっています。

フェマーラでエストロゲンを抑制することで、乳がんの増殖を抑えることができるとして乳がんの治療薬として使用するのです。

さらにエストロゲンを抑制すると、生理周期が乱れ、排卵が誘発されることが多くあることから不妊治療薬としても使用されるようになったのです。

フェマーラの効果は?

女性ホルモンの一つであるエストロゲンは、排卵の大きなきっかけになることの関わるホルモンです。

エストロゲンが減少すると、体内では排卵直前の準備段階に入ります。

エストロゲンをフェマーラで減少させることにより、この排卵直前の体内の状況を人工的に作りだし、その状況に体が反応して、排卵を起こすのです。

排卵誘発を促す薬は現在たくさんありますが、フェマーラはそのたくさん存在する排卵誘発剤の中でも高い効果を発揮するものとして多く使われています。

またフェマーラの大きなメリットとして、クロミッドなどの薬が体内残留しやすいのに対して、フェマーラは体の中に残りにくいので、副作用や子宮内膜症の患者にも使いやすいというメリットがあります。

フェマーラの副作用は?

フェマーラを服用することでおこる副作用としては、頭痛、関節痛、眠気、発疹、不正出血やむくみなどがあげられます。

フェマーラでおこる副作用として、稀に血液が固まってしまう血栓症や心臓や肝臓に疾患を起こすなどがあります。

しかし、これらの重篤な副作用はごく稀で、副作用が酷い場合には、医師や専門家と相談のもと、フェマーラの量や服用方法を変更するなどの措置が講じられることがあります。

流産後、妊娠率をあげるコツとは?

流産後、妊娠率を上げるには、卵子の若返り・精子の運動率をあげる葉酸性ホルモンを正常化するビタミンEが豊富に入った葉酸サプリがおすすめです。 また、添加物の入っていない・安心安全な製品を選びましょう。

ドラッグストアの安価なサプリは品質が悪く含有量が少なく、表示をごまかしてカサ増ししています。 有名メーカーだからといって安心できないのです。

実際に、サプリを推奨する医師達も「サプリだけは高くても高品質なものを選ぶべき」と話しています。

美的ヌーボプレミアム

完全無添加で合成物がない、最高品質の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回分ずつ密封包装されているので持ち運びに便利で、DHA/EPAが160μgと高濃度に配合しています。

少々値段は張りますが、最も高品質なため、賢い赤ちゃんが欲しい方、流産・発達障害を予防したい方にはこちらが最適です。

ベルタ葉酸サプリ

妊活中の夫婦向けに開発されたサプリです。
妊活・妊娠中に必要なすべての栄養が含まれ、吸収しやすい酵母葉酸が使われています。

錠剤が小さいので飲みやすく、美的ヌーボプレミアムよりも値段が安くリーズナブルなことも人気の理由です。

妊娠中・妊活中に安くて質が高いサプリを探している方は、ベルタを選べば間違いありません。

-不妊治療
-,

Copyright© 流産後の妊娠出産体験談 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.