稽留流産・化学流産後の妊娠体験談

流産後の妊娠出産体験談

不妊治療

胚盤胞移植後の着床症状はいつから?注意点

更新日:

一旦卵子を体外に取り出して、あらかじめとっておいた精子と受精させ、培養、ある程度培養したうえで再度子宮内へともどす胚盤胞移植、不妊治療では良く用いられる方法ですが、胚盤胞移植後、着床すると、自然妊娠したときと同じように着床症状があらわれます。

妊娠判定は?着床症状は?

胚盤胞移植を行った後、着床までは通常では3日から5日かかるのが普通です。

その間、ちゃんと着床しているか非常に気になるものですが、着床症状としては、自然妊娠した時のような着床症状が出る場合もあります。
着床症状として多いのは、着床出血や頭痛、腹痛、さらに着床痛といったものもあります。

また、高温期が14日以上続いたり、吐き気や食べ物の好みが変わるというものも着床症状としてあげられるでしょう。

いずれにせよ、着床してからでる着床症状は個人差が非常に大きく、胚盤胞移植後の着床症状も、人によって大きく変わるといってよいでしょう。

着床するまでやその後の注意点

胚盤胞移植を受け、着床すると、そのあとは妊娠したことになりますから、着床症状に気をつけているという事と、日常生活でも注意することが増えてきます。

また、生活に十分注意することで、胚盤胞移植後の着床の成功率をあげることもできますし、その後の経過も良くすることが可能です。

妊娠を継続するために、胚盤胞移植とともに、生活にも十分配慮しておくことが大切です。
第一に、体を冷やさないような生活を心がけましょう。

着床の成功率にも、冷えは大きく関係しています。からだが冷えていると、着床率も低下し、妊娠しにくくなるという話は有名です。

着床症状が出る前に、胚盤胞移植を行うのであれば、冷えを改善しておくことも成功への第一歩だといえるでしょう。
さらに、葉酸などの重要な栄養素をあらかじめ摂取しておくことも必要です。

妊娠しておなかの中の赤ちゃんに取って、お母さんが摂取する栄養分はとても大切なものになります。

そしてその栄養分は、妊娠する前から蓄えておかなければならないようなものもたくさんあります。

胚盤胞移植で妊娠したとしても、その点は自然妊娠と同じですから、妊娠率を向上させるというメリットも含め、妊娠した後で赤ちゃんに必要な栄養素を普段から気をつけて摂取するように心がけましょう。

胚盤胞移植後は、落ち着いた生活を心がけて

胚盤胞移植した後は、妊娠できた後のこともしっかりと考えて、落ち着いてリラックスできるような生活をしましょう。

流産後、妊娠率をあげるコツとは?

流産後、妊娠率を上げるには、卵子の若返り・精子の運動率をあげる葉酸性ホルモンを正常化するビタミンEが豊富に入った葉酸サプリがおすすめです。 また、添加物の入っていない・安心安全な製品を選びましょう。

ドラッグストアの安価なサプリは品質が悪く含有量が少なく、表示をごまかしてカサ増ししています。 有名メーカーだからといって安心できないのです。

実際に、サプリを推奨する医師達も「サプリだけは高くても高品質なものを選ぶべき」と話しています。

美的ヌーボプレミアム

完全無添加で合成物がない、最高品質の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回分ずつ密封包装されているので持ち運びに便利で、DHA/EPAが160μgと高濃度に配合しています。

少々値段は張りますが、最も高品質なため、賢い赤ちゃんが欲しい方、流産・発達障害を予防したい方にはこちらが最適です。

ベルタ葉酸サプリ

妊活中の夫婦向けに開発されたサプリです。
妊活・妊娠中に必要なすべての栄養が含まれ、吸収しやすい酵母葉酸が使われています。

錠剤が小さいので飲みやすく、美的ヌーボプレミアムよりも値段が安くリーズナブルなことも人気の理由です。

妊娠中・妊活中に安くて質が高いサプリを探している方は、ベルタを選べば間違いありません。

-不妊治療
-,

Copyright© 流産後の妊娠出産体験談 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.