稽留流産・化学流産後の妊娠体験談

流産後の妊娠出産体験談

不妊治療

不妊治療は未発達障害の赤ちゃんの確率が高まる? 

更新日:

不妊治療で妊娠するということは、人工的に妊娠するというイメージが強く、未発達障害の赤ちゃんが生まれてしまう確率が高いというイメージが強いと考えている人が多いのではないでしょうか。

しかし、昨今不妊治療は、大変簡単な方法でできるものから、化学技術を応用したものまで、たくさんの種類の方法が存在していて、一概に不妊治療をして出産したからといって未発達障害の子供が生まれることが多いとは言えません。

不妊治療で未発達障害の子供が生まれる確率の高い、いわば高リスクな治療はわずかで、
未発達障害の子供が生まれる確率も、その方法によってまちまちです。

不妊治療の正しい知識を持たず、未発達障害の子供が生まれやすいなどの誤った知識を信じ、不妊治療を不安なまま受けることのないようにしましょう。

不妊治療で未発達障害の子供が生まれるという誤解

実は、不妊治療で出産した子供でも、自然に妊娠して出産した子供でも、未発達障害の子供が生まれる確率は、そう変わりません。

では、どうして不妊治療をして出産した子供に、未発達障害の子供が生まれる確率が高いというイメージが強い、また、そのような人が多いと思われがちなのでしょうか。

これは、不妊治療をして出産する女性の多くが、高齢出産である事と深く関係しています。

高齢出産は、卵子の老化、精子の老化という、未発達障害の子供が生まれる大きな要因の一つの理由が存在しています。

不妊治療は、この高齢出産というリスクを持った人が多く受けているという場合が多いので、自然妊娠して出産するよりも、未発達障害の子供が生まれる確率が少し高いという事なのです。

不妊治療の中には、タイミング法や排卵誘発剤を使う、さらに人工授精などのように、ほんの少し人工的な手段を使うだけで、後は、妊娠に至ることも、出産に至ることも、ほとんど自然妊娠、出産と変わらない工程をたどるものもあります。

不妊治療をひとくくりにして、未発達障害の子供が生まれる確率が高いと決めつけるのは、大きな誤解だということです。

不妊治療や高齢出産のリスクを正しく理解することが大切

このように、不妊治療をしたからといって、未発達障害の子供が生まれる確率が高いということは、大きな偏見だといえます。

高齢出産の人が多い不妊治療だから、高齢出産のリスクが重なり、自然な形の妊娠出産よりは、わずかに未発達障害の子供が生まれる確率が高くなるというだけです。

流産後、妊娠率をあげるコツとは?

流産後、妊娠率を上げるには、卵子の若返り・精子の運動率をあげる葉酸性ホルモンを正常化するビタミンEが豊富に入った葉酸サプリがおすすめです。 また、添加物の入っていない・安心安全な製品を選びましょう。

ドラッグストアの安価なサプリは品質が悪く含有量が少なく、表示をごまかしてカサ増ししています。 有名メーカーだからといって安心できないのです。

実際に、サプリを推奨する医師達も「サプリだけは高くても高品質なものを選ぶべき」と話しています。

美的ヌーボプレミアム

完全無添加で合成物がない、最高品質の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回分ずつ密封包装されているので持ち運びに便利で、DHA/EPAが160μgと高濃度に配合しています。

少々値段は張りますが、最も高品質なため、賢い赤ちゃんが欲しい方、流産・発達障害を予防したい方にはこちらが最適です。

ベルタ葉酸サプリ

妊活中の夫婦向けに開発されたサプリです。
妊活・妊娠中に必要なすべての栄養が含まれ、吸収しやすい酵母葉酸が使われています。

錠剤が小さいので飲みやすく、美的ヌーボプレミアムよりも値段が安くリーズナブルなことも人気の理由です。

妊娠中・妊活中に安くて質が高いサプリを探している方は、ベルタを選べば間違いありません。

-不妊治療
-,

Copyright© 流産後の妊娠出産体験談 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.