稽留流産・化学流産後の妊娠体験談

流産後の妊娠出産体験談

不妊治療

体外受精ショート法のスケジュールと費用 

更新日:

質のよい卵子を採卵できるものの、体への負担が大変大きい体外受精ロング法、メリットも多いですが、その分、体と経済的にかかる負担において、大きな不安があります。

そのような不安を解消する方法として存在しているのが、体外受精ショート法です。

体外受精ショート法は、ロング法に比べると、服薬期間や注射回数が大幅に少なく、ロング法に比べるとスケジュールはやや取りにくいものの、体への負担も、経済的な負担も、同時に解消することができます。

ここでは、体外受精ショート法のメリットとデメリットについて考えてみましょう。

体外受精ショート法とはどのような不妊治療の方法か

体外受精ショート法は、おおむねロング法と同じように、まずはピルを使い、前周期に残っている卵胞を排除したり、生理周期を整えることから始まります。

その後、排卵抑制剤を使用し始めますが、この薬の服用期間が、ロング法では、前周期からの使用となる一方で、体外受精ショート法では、生理開始3日目からとなるというスケジュールの違いがあります。

長い期間の薬の服用による体の負担の大きいロング法にくらべると、服用期間が短い体外受精ショート法は、体の心配をしなくてよい分、安心してできる治療方法であるといえるかもしれません。

その後、排卵促進剤を注射し、排卵される頃を見計らって採卵するという流れになります。

体外受精ショート法のメリット

体外受精ショート法のメリットは、やはり薬の服用や注射の回数が少ないため、体の負担を軽減できるという点です。

前周期からホルモン剤を投与しなければならないロング法に比べると、体にかかる負担、経済的にかかる負担は、大幅に少なくなります。

また、体外受精ショート法では、注射のために病院に行く回数も非常に少なく、毎日注射をしなければならないロング法に比べると、生活の上でもスケジュール調整がしやすいという点もメリットだといえるでしょう。

体外受精ショート法では、卵巣の負担や刺激も少なくなるため、ロング法よりもOHSSになってしまうリスクも低くなります。

体外受精ショート法のデメリット

体外受精ショート法は、短期間でできるため、それにともなうデメリットもあります。

まず、ロング法に比べると採卵のタイミングが取りにくく、スケジュール通りに進めることが難しいという点があります。

さらに、自然排卵をしてしまうという場合もある事を考えなくてはなりません。

また、卵子の質を一定に保つことが難しい場合もあり、質の良い卵子が必ず取れるという確実性にかけるというデメリットがあります。

流産後、妊娠率をあげるコツとは?

流産後、妊娠率を上げるには、卵子の若返り・精子の運動率をあげる葉酸性ホルモンを正常化するビタミンEが豊富に入った葉酸サプリがおすすめです。 また、添加物の入っていない・安心安全な製品を選びましょう。

ドラッグストアの安価なサプリは品質が悪く含有量が少なく、表示をごまかしてカサ増ししています。 有名メーカーだからといって安心できないのです。

実際に、サプリを推奨する医師達も「サプリだけは高くても高品質なものを選ぶべき」と話しています。

美的ヌーボプレミアム

完全無添加で合成物がない、最高品質の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回分ずつ密封包装されているので持ち運びに便利で、DHA/EPAが160μgと高濃度に配合しています。

少々値段は張りますが、最も高品質なため、賢い赤ちゃんが欲しい方、流産・発達障害を予防したい方にはこちらが最適です。

ベルタ葉酸サプリ

妊活中の夫婦向けに開発されたサプリです。
妊活・妊娠中に必要なすべての栄養が含まれ、吸収しやすい酵母葉酸が使われています。

錠剤が小さいので飲みやすく、美的ヌーボプレミアムよりも値段が安くリーズナブルなことも人気の理由です。

妊娠中・妊活中に安くて質が高いサプリを探している方は、ベルタを選べば間違いありません。

-不妊治療
-,

Copyright© 流産後の妊娠出産体験談 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.