稽留流産・化学流産後の妊娠体験談

流産後の妊娠出産体験談

妊娠中

吐きつわりにいい食べ物とサプリメント

更新日:

妊娠中、とくに妊娠初期に、つわりはほとんどの人が経験することであり、その症状も人によりさまざまです。

そのつわりの症状の中でも特に多くの人が経験するのが、吐きつわりで、食べたものを吐いてしまうというつわりです。

吐きつわりを経験する人のほとんどが、お腹の中の赤ちゃんへの栄養状態を心配して、何とか食べ物を摂取して栄養補給に努めようとしています。

吐きつわりで苦しい、赤ちゃんへの栄養面で心配な時、どのような食べ物やサプリを摂取すればよいのでしょうか。

吐きつわりに悩んでいる時に摂取しやすい食べ物

妊娠中、吐きつわりで悩んでいたり、赤ちゃんへの栄養面で心配なようであれば、まずは、つわり中でも食べられる食べ物をとるということで良い事がほとんどです。

しかし、妊娠中のつわりの時期の多くは、赤ちゃんの器官形成など、妊娠中でもとても大切な時期であり、食べ物から摂取する栄養面で気をつけなければならない時期であるため、食べられない吐きつわりで心配になってしまう人も多いでしょう。

そういった場合には、食べ物だけに栄養摂取を頼らず、サプリなどで補うという方法も検討してみましょう。

サプリであれば、少量でもかなり効率よく栄養摂取ができますし、口当たりの良いサプリなどを選んで、少しずつ補給することができます。

食べ物であれば、以下のような食べ物はつわりのときも食べやすいようです。

・ゼリー(栄養素が入ったもの)
・豆腐
・トマト
・そうめん
・グレープフルーツ
・梅干し
・みかん、イチゴ

特に、妊娠初期に重要な栄養素である葉酸やビタミン類、赤ちゃんの成長に必要なカルシウムなど、赤ちゃんに取って大切な栄養素を、十分な量、食べ物から食べるという事だけで補うのはとても大変です。

まして、吐きつわりの時期となると、なおさら食べ物から摂取することが困難になりますから、サプリなどを上手に利用して栄養摂取をしてみましょう。

妊娠中のつわりは一時的なもの、吐きつわりもいつかは軽減するものです

まれに、出産の時期までつわりがずっと続くという人もいますが、一般的につわりは一定の期間を過ぎれば、どんどん軽減し、吐きつわりであったとしても食べ物を普通に摂取することができる時期がくるものです。

吐きつわりが辛くても、食べられるもの、サプリなどから栄養を補っているうちに、だんだんと食べ物を摂取することができるようになります。

流産後、妊娠率をあげるコツとは?

流産後、妊娠率を上げるには、卵子の若返り・精子の運動率をあげる葉酸性ホルモンを正常化するビタミンEが豊富に入った葉酸サプリがおすすめです。 また、添加物の入っていない・安心安全な製品を選びましょう。

ドラッグストアの安価なサプリは品質が悪く含有量が少なく、表示をごまかしてカサ増ししています。 有名メーカーだからといって安心できないのです。

実際に、サプリを推奨する医師達も「サプリだけは高くても高品質なものを選ぶべき」と話しています。

美的ヌーボプレミアム

完全無添加で合成物がない、最高品質の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回分ずつ密封包装されているので持ち運びに便利で、DHA/EPAが160μgと高濃度に配合しています。

少々値段は張りますが、最も高品質なため、賢い赤ちゃんが欲しい方、流産・発達障害を予防したい方にはこちらが最適です。

ベルタ葉酸サプリ

妊活中の夫婦向けに開発されたサプリです。
妊活・妊娠中に必要なすべての栄養が含まれ、吸収しやすい酵母葉酸が使われています。

錠剤が小さいので飲みやすく、美的ヌーボプレミアムよりも値段が安くリーズナブルなことも人気の理由です。

妊娠中・妊活中に安くて質が高いサプリを探している方は、ベルタを選べば間違いありません。

-妊娠中
-,

Copyright© 流産後の妊娠出産体験談 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.