稽留流産・化学流産後の妊娠体験談

流産後の妊娠出産体験談

妊娠中

妊娠初期で下痢が続く原因と対処法まとめ

更新日:

妊娠初期、体はさまざまな変化があり、それに伴うトラブルや不快症状があらわれます。

そのような妊娠初期症状の中でも、多くの人が下痢が続くという症状に悩んでいます。

妊娠初期、どうして下痢が続くのでしょうか。そして、妊娠初期に下痢が続く場合、どのように対処すればよいのでしょうか。

妊娠初期の下痢が続く原因

妊娠初期に下痢が続くという症状の原因としては、ホルモンバランスが乱れたことによるものが多いようです。

妊娠初期には、それまでの平常時とは異なる量のホルモンになり、その分泌量も普段とは全く違うものになります。
このホルモンバランスの乱れが、妊娠初期に下痢が続く原因を作りだしているのです。

また、妊娠初期には、腸の働きが鈍くなり、下痢が続くという症状の反対である、便秘で悩むという人も見られます。

このような、腸の動きや活動に関わる不快症状は、とくに妊娠初期などのホルモンバランスが安定しないような時期に多く見られます。

下痢が続く場合の対処方法

妊娠初期に下痢が続く場合、下痢が続くからといって、妊娠していない時にするように安易に薬を服用するわけにはいきません。

とくに妊娠初期には薬の服用に気をつけなければならない、胎児の重要な器官形成の時期となります。

下痢が続くからといって、簡単に薬を飲まず、医師に相談することを心がけましょう。
妊娠初期は、胎児にとっても大切な時期ですから、脱水症状にならないように、下痢が続く場合には、水分補給に注意しましょう。

下痢が続いていたとしても、検診などで問題なければ一過性のものです。
一度主治医に確認して、問題のない下痢であれば、妊娠初期によくおきる不快症状の一つですから、おさまるのを待ちましょう。

しかし、ひどい腹痛をともなうような下痢が続く、水のような状態の下痢が続くようであれば、それは、他の感染や病気である場合もあります。

自分の便通で、以上のない範囲であれば様子よ見ても良いですが、違和感を感じたり、危険だと判断した場合には、お腹の中の赤ちゃんのことも考え、早急に受診して診断してもらいましょう。

感染だった場合、早めの対処で、その後の妊娠継続に関わるというケースもすくなからず存在しています。

流産後、妊娠率をあげるコツとは?

流産後、妊娠率を上げるには、卵子の若返り・精子の運動率をあげる葉酸性ホルモンを正常化するビタミンEが豊富に入った葉酸サプリがおすすめです。 また、添加物の入っていない・安心安全な製品を選びましょう。

ドラッグストアの安価なサプリは品質が悪く含有量が少なく、表示をごまかしてカサ増ししています。 有名メーカーだからといって安心できないのです。

実際に、サプリを推奨する医師達も「サプリだけは高くても高品質なものを選ぶべき」と話しています。

美的ヌーボプレミアム

完全無添加で合成物がない、最高品質の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回分ずつ密封包装されているので持ち運びに便利で、DHA/EPAが160μgと高濃度に配合しています。

少々値段は張りますが、最も高品質なため、賢い赤ちゃんが欲しい方、流産・発達障害を予防したい方にはこちらが最適です。

ベルタ葉酸サプリ

妊活中の夫婦向けに開発されたサプリです。
妊活・妊娠中に必要なすべての栄養が含まれ、吸収しやすい酵母葉酸が使われています。

錠剤が小さいので飲みやすく、美的ヌーボプレミアムよりも値段が安くリーズナブルなことも人気の理由です。

妊娠中・妊活中に安くて質が高いサプリを探している方は、ベルタを選べば間違いありません。

-妊娠中
-,

Copyright© 流産後の妊娠出産体験談 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.