稽留流産・化学流産後の妊娠体験談

流産後の妊娠出産体験談

妊活のために

漢方薬が不妊症で妊娠する効果が高くなる理由

更新日:

不妊症の治療をしてもなかなか赤ちゃんを授かることが出来ない、そんな人は漢方薬を試してみてはいかがですか?
漢方薬は即効性はありませんが、妊娠しやすく体質改善することに役立つと言われています。
漢方薬が不妊症の体質改善にどのような効果があるのか、紹介します。

「未病」を治す漢方薬

未病というのは、病気の前段階とも言われている半健康状態のことを意味しています。
この、病気の前段階を治すという考えは漢方の考え方の1つでもあります。
漢方薬は未病を治す、つまり病気になる前の段階から体をケアしていこうという体質改善の目的が漢方にはあるのです。

体に悪いところは特に見当たらないが不妊症だという人もいるでしょう。
そんな人はもしかして「未病」の状態に当てはまるのかもしれません。
ではどのような効能をもつ漢方薬が不妊症に効果的なのか、紹介します。

冷えを改善して不妊症を改善する漢方薬

冷えは万病の元とも言われていますが、不妊症にも大きく影響しているのではないかと言われています。
そこで冷えの原因でもある血行不良を漢方薬で改善し、不妊症の体質改善をするのです。

具体的には「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」「温経湯(うんけいとう)」といった漢方薬が挙げられます。
この3種類は不妊症の人に対して処方される事の多い漢方薬で、そのなかでも「当帰」という生薬は不妊症に対して最も使われている生薬です。

肥満改善により不妊症を改善する漢方薬

肥満の人は排卵障害になりやすいということがわかってきており、また流産のリスクも高いと言われています。
ただし、急激なダイエットや間違った方法でダイエットする事はホルモンバランスが崩れる原因となり不妊症の人にとっては悪影響を及ぼします。

「桃核承気湯(とうかくじょうきとう)」は代謝を高める効果があり、「防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)」は内臓脂肪の代謝に効果がある漢方薬で、肥満改善に使われています。

ストレス解消効果のある漢方薬

イライラしたり落ち込んだりといったストレスに対しては「加味逍遙散(かみしょうようさん)」「柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)」といった漢方薬が効果的です。
加味逍遙散(かみしょうようさん)は、虚弱体質の女性や生理前のイライラなどにも効果があります。

流産後、妊娠率をあげるコツとは?

流産後、妊娠率を上げるには、卵子の若返り・精子の運動率をあげる葉酸性ホルモンを正常化するビタミンEが豊富に入った葉酸サプリがおすすめです。 また、添加物の入っていない・安心安全な製品を選びましょう。

ドラッグストアの安価なサプリは品質が悪く含有量が少なく、表示をごまかしてカサ増ししています。 有名メーカーだからといって安心できないのです。

実際に、サプリを推奨する医師達も「サプリだけは高くても高品質なものを選ぶべき」と話しています。

美的ヌーボプレミアム

完全無添加で合成物がない、最高品質の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回分ずつ密封包装されているので持ち運びに便利で、DHA/EPAが160μgと高濃度に配合しています。

少々値段は張りますが、最も高品質なため、賢い赤ちゃんが欲しい方、流産・発達障害を予防したい方にはこちらが最適です。

ベルタ葉酸サプリ

妊活中の夫婦向けに開発されたサプリです。
妊活・妊娠中に必要なすべての栄養が含まれ、吸収しやすい酵母葉酸が使われています。

錠剤が小さいので飲みやすく、美的ヌーボプレミアムよりも値段が安くリーズナブルなことも人気の理由です。

妊娠中・妊活中に安くて質が高いサプリを探している方は、ベルタを選べば間違いありません。

-妊活のために
-, , ,

Copyright© 流産後の妊娠出産体験談 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.