稽留流産・化学流産後の妊娠体験談

流産後の妊娠出産体験談

流産体験談

妊娠10週でトイレで出血し流産しました

更新日:

流産した時期を教えてください。

妊娠10週~11週頃

流産の体験談とその後を教えてください。

私は、なかなか赤ちゃんを授かることができず、不妊治療を受けていました。
治療開始から1年ほど経ったころに、やっと妊娠反応!夫と抱き合って喜びました。

妊娠初期は流産が多いことを知っていましたので、毎日が不安でした。
妊娠10週を過ぎればひとまず安心、という情報があったため、とにかく10週を目標に毎日過ごしていました。

そして、待望の10週妊婦健診。
大きな頭に短い手足のかわいい赤ちゃんがしっかり見えました!
医師からエコー写真をもらって、うれしい気持ちで帰宅。早速ダンナと私の両親にも報告しました。幸せのピークでした。

それから数日後。仕事中にトイレへ行くと、下着に少量の血がついていました。
一瞬にしてサーッと全身の血の気が引きました。幸いにも上司が女性だったので、事情を説明して仕事を早退させてもらい、産婦人科へ直行しました。

病院へ向かう途中も、待合室にいる間も、気が気ではありませんでした。
「どうかお願い!無事でいて!」そればかり祈っていました。

ところが、診察した医師は「うーん…赤ちゃん、動いてないみたいだなぁ」
その途端、本当に全身から血の気が引き、頭はボーっとなり、涙があふれていました。

何も考えられないまま下着を身に着け、看護師に連れ添われて、空いているベッドでしばらく休ませてもらいました。
今まで生きてきた中で、こんなに辛い経験は無いと思うほど、悲しくて、涙があふれました。

病院から帰宅してしばらくすると、まるで私の気持ちを表すかのように、天候が荒れ始め、大雨と雷と風で嵐のようになりました。
その嵐の中、私は家の中でとにかく泣いて、泣いて、泣きました。

帰宅した夫に事情を話し、数日後、手術を受けることになりました。
夫も茫然としていましたが、涙を流すことはなく、淡々としているように見えました。
後で聞いたところ、私があまりに取り乱していたので、自分だけはしっかりしなければ、と思ったのだそうです。

夫から互いの両親にも報告してくれました。夫の母親はそっとしておいてくれましたが、私の母親はデリカシーの無いことを言ってくれて、ずいぶん傷つけられました。

(「で?今度また妊娠できるの?」とか…)

他にも、知人から「またできるよ。ガンバレ♪」とか言われるのもすごく辛かった。
励ましてくれているのはわかっているけど、そっとしておいてほしかったです。

手術当日までの間、心の中で赤ちゃんにさようならを言いました。
短い間だったけど、私のところに来てくれてありがとう、と言いました。
お別れするのが怖くて、辛くて、信じられませんでした。

手術中のことは麻酔がよく効いていたので、何も覚えていません。
痛みもなく、手術した実感もありませんでした。その日の夕方に日帰りで退院しました。

でも、赤ちゃんがいないと思うと、たまらなく空しく、悲しかったです。
何もする気が起こらない反面、何もせずにはいられないような、へんな心境でした。

次の妊娠(不妊治療再開)は、2回生理を見送ってから、と医師に言われました。
生理2回が早く来ないかと、そればかり考えていました。今思うとあの頃の精神状態は少しまともじゃなかったと思います。

次の妊娠までに体を整えようと考え、夫とウォーキングをしたり、妊娠力をアップするという鍼治療に通ったり、休みには旅行したりしました。

そして、生理を2回見送ったのち、治療を再開し、赤ちゃんを授かることができました。
でも、前回のこともあるので、喜びより怖さが先に立ちました。

健診のたびに、また「赤ちゃん動いていません」と言われるんじゃないかとドキドキしました。
健診の前日は眠れないくらいだったし、待合室でも冷や汗が出るほど緊張しました。
特に健診日が悪天候の日に当たると、前回の記憶がフラッシュバックのようによみがえってきて、夫に「健診に行くのが怖い」と泣きついたことが何度もありました。

前回のトラウマから、お互いの両親へ報告するのは本当に安定してからにしよう、と夫と相談し、結局妊娠を告げたのは8ヶ月になったころでした。
その後、元気な娘が生まれてきてくれて、今は幸せいっぱいです。

私の場合は、あの悲しい経験があったからこそ、命の大切さをより強く感じられるようになったと思います。
娘は今のところ元気いっぱいですが、今後何か病気が見つかったりするかもしれません。

それでも、あの経験があったから、「わが子を失うこと以上の辛さはない。命さえあればなんとかなるさ!」と思える強さが身に付いたと思います。
ヘタレな私に、あの子が「ママ、もっと強くなって!」と教えてくれたのかもしれません。

流産後、妊娠率をあげるコツとは?

流産後、妊娠率を上げるには、卵子の若返り・精子の運動率をあげる葉酸性ホルモンを正常化するビタミンEが豊富に入った葉酸サプリがおすすめです。 また、添加物の入っていない・安心安全な製品を選びましょう。

ドラッグストアの安価なサプリは品質が悪く含有量が少なく、表示をごまかしてカサ増ししています。 有名メーカーだからといって安心できないのです。

実際に、サプリを推奨する医師達も「サプリだけは高くても高品質なものを選ぶべき」と話しています。

美的ヌーボプレミアム

完全無添加で合成物がない、最高品質の葉酸サプリです。

習慣性流産、不妊症にはビタミンE1が非常に効果的ですが、美的ヌーボプレミアムにはこのビタミンE1が302mgと葉酸サプリの中でダントツに多く配合されています。

1回分ずつ密封包装されているので持ち運びに便利で、DHA/EPAが160μgと高濃度に配合しています。

少々値段は張りますが、最も高品質なため、賢い赤ちゃんが欲しい方、流産・発達障害を予防したい方にはこちらが最適です。

ベルタ葉酸サプリ

妊活中の夫婦向けに開発されたサプリです。
妊活・妊娠中に必要なすべての栄養が含まれ、吸収しやすい酵母葉酸が使われています。

錠剤が小さいので飲みやすく、美的ヌーボプレミアムよりも値段が安くリーズナブルなことも人気の理由です。

妊娠中・妊活中に安くて質が高いサプリを探している方は、ベルタを選べば間違いありません。

-流産体験談
-, , ,

Copyright© 流産後の妊娠出産体験談 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.